整形外科

←一覧へ戻る

テニス肘

水の入ったやかんなどを持つと肘の外側から裏にかけて痛みを感じ、徐々に悪化して軽い物を持っても痛みが起きるようなことがあります。この痛みの原因として、手関節(手首)を背屈する(反らす)伸筋群が肘の外側に付着する部分(上腕骨外側上顆)に炎症を起こす上腕骨外側上顆炎が考えられ、テニス選手がバックハンドで打つ時の負担で発症することがあるためテニス肘と呼ばれます。テニスに限らずバドミントン・ゴルフでも発症し、スポーツ以外でも前腕に負担のかかる職業や、家庭の主婦の方にも起こります。若い頃はスポーツを中心とした”使い過ぎ”による発症が多いのですが、中年以降になると伸筋群の変性が進み大きな負担が無くても発症しやすいと考えられています。主な症状は物を持つ時の肘の痛みで、ひどくなると安静にしていても痛みを感じたり、握力の低下が起こることもあります。診断は圧痛点の確認や、手首の背屈もしくは中指を伸ばす方向に抵抗を加え痛みを誘発するテストなどで下します。X線写真で異常を認めることはほとんど無いのですが、まれに骨棘(骨の突出)形成を見ることもあります。治療は保存療法が主体で、大部分の方がこれで治ると思われます。局所の安静が大事で、”痛い”と思う動作は控えるべきですが、かばうだけではなくストレッチ体操はできるだけ早期に開始すべきでしょう。肘を伸ばした状態で手首を手のひら側に曲げる動作を30秒から1分間ほど続け、これを1日数回繰り返します。あとは薬物療法として外用薬や内服薬・注射など、物理療法として電気(低周波・レーザー等)治療、またテニス肘用のバンドもあります。そして痛みが和らいできたら大切なのが筋力トレーニングです。手首を背屈する方向へ抵抗をかける(軽い鉄アレイなど)運動を、強い痛みを感じない範囲で行います。難治例では変性した伸筋群の一部を切除する手術療法もありますが、まずは症状を感じたら我慢しないで早めに整形外科を受診し、治療方針を決めるのが良いと思います。早期に診断し早期に治療を開始することで、より短期間で治すことができるものとご理解ください。

ページの先頭へ